Written by Manabu Bannai

ブログから「自作のデジタルコンテンツ」を販売して生活費を稼ぐ方法

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。

最近はブログを書きつつ生活しています。ブログ収益は月に200万円くらいなのですが、今月は300万にいくかもです。

先日に、下記のツイートをしました。

ブログから、自作の有料コンテンツを販売するノウハウが溜まってきた。
今月の実績は、合計150万くらいを達成できそう。販売内容は、有料Note、WordPressテーマ、アフィリのノウハウ資料です。アフィリ商材がなくても、月7桁くらいは収益化できますね。データ公開しつつ、今度ブログで解説します

当サイト(マナブログ)を通して、自作のデジタルコンテンツを販売しています。 最近は、売上が月100万円を越えてきたので、記事にて方法論を解説します。

記事の信憑性①:有料Note販売の実績

記事の信憑性②:有料コンテンツ販売の実績


Paypalから、「WordPressテーマ」と「SEOキーワードリスト」を販売しています。 ※商品の具体的な内容は、記事内で解説していきます。

基本的に、「ブログで稼ぐ=アフィリエイト」みたいな認識が多いですが、ぶっちゃけそんなことはないです。というか、初心者ほど、本記事の内容を参考にして、競合のいない方法を探すべきだと思っています。

とはいえ、、、残念なお知らせですが、簡単に成功するのは難しいです。

成果を出すには、小さな行動の積み重ねが必須ですので、僕の失敗談も赤裸々に公開しつつ、解説していきますね。

※3分ちょっとで読めます。記事を読んだら、行動に移してくださいm(_ _)m

スポンサードサーチ


ブログから「自作のデジタルコンテンツ」を販売する方法


まずは、実際に販売している商品を紹介しつつ、どういった経路で売れるのか、を解説していこうと思います。

なお、記事を読みつつ「これは横展開できるかな?」と考えてみてください。 
横展開とは要するに、「自分も別分野で、同じことができないかな?」と考えるということです。

僕が販売しているデジタルコンテンツの一覧

  • その①:WordPressテーマ
  • その②:SEOキーワードリスト
  • その③:有料Note

順番に解説していきます。

その①:WordPressテーマ

結論として、SEOのキーワード流入から売れます。

販売経路のキーワード

[WordPress テーマ おすすめ]

自作テーマを販売している記事

[WordPress テーマ おすすめ]で5位くらいを取っておりまして、そこから勝手に売れていきます。

なお、[WordPress テーマ おすすめ]のキーワードは、アフィリエイトでも収益化が簡単でして、アフィリ収益としても、月15〜20万円ほどです。

つまり、1記事で30万円ちかくの収益化ができており、、、ブログすごい。

覚えておくべきポイント

アフィリ商品が売れる記事 = 自作商品も売れる

シンプルすぎる結論ですが、、、これだけですね。

わりと真似しやすい方法だと思いますので、別分野で応用できないか考えてみましょう。 例えば、フリーランス向けに「ポートフォリオサイトのHTMLテンプレートを販売する」とかですかね。
※例えがプログラミング寄りでスイマセンm(_ _)m

その②:SEOキーワードリスト

結論として、こちらもSEO流入から売れています。

販売経路のキーワード

[SEO キーワード選定]

キーワードリストを販売している記事


販売している商品は「キーワードのマインドマップ」でして、モザイク付きで公開すると、下記の感じです。

※有料なので、モザイクついてます。

なお、このマインドマップは効果を実証しておりまして、このとおりの戦略で記事を書いていったら、実際に月80万円くらいを収益化できました。

信頼性を担保するためのツイート


上記の感じでして、わりと価値はあるかなと。
もちろん、ライティング力も必須なので、この点は「ブログで文章構成を作る3つの手順【ブログ歴6年の僕が徹底解説】」で詳しく解説しています。

覚えておくべきポイント

自分が欲しい情報をまとめる→それを販売する。

この商品は、僕が必要だから作っただけ、でして、最初は売る気なんてなかったです。
しかし、あるときに「あれ、、、これって売れるかな…」と思ったので、ためしにブログ記事に貼り付けてみたところ、ポツポツ、と売れだした感じです。

この例を横展開するなら、自分なりに詳細にリサーチした情報とかを、有料化してリリースするとかですね。

ちゃんと調べてないのでニーズがあるかわからないですが、例えば「運転免許試験で合格するための暗記シート」とかですかね。運転免許試験に落ちる人もいると思うので、その層に向けて売るなど、です。

その③:有料Note

有料Noteは、トレンドに乗りました。
2018年の1〜2月くらいが全盛期だったと思います。

有名なのは、「yoshieさん(@odayakagurashi)」でして、文章術の有料Noteをだしたら、即効で300万円くらいの売上を突破していたはずです。トレンドの勢いはすごすぎです。

覚えておくべきポイント

とにかく波乗りをしてみること。

大雑把な解説なのですが、、、波乗りしましょう。
有料Noteが流行っても、実際にリリースしてる人って少ないですよね。書くべしです。

なお、こういった話をすると「いやいや、、すでにブログとかで信頼がある人じゃないと、Noteなんて売れませんよ。自分がやっても無駄。」みたいな意見がきますが、これは大きな勘違いです。

というか、先ほど紹介したyoshieさんは、有料Noteを販売したとき、そこまでフォロワーは多くなかったはずです。

僕の記憶では、1,000名くらい。
フォロワー1,000名なら、到達している人も多いはずです。

そして、yoshieさんは、「有料Noteでバズる→セミナーする→書籍を出す」という感じで、波乗りしつつ、圧倒的に行動しており、素晴らしすぎだと思います。

この事実からわかることは、「トレンドは人生を変える」ということでして、「自分には無理・・・」と思って、可能性を狭めるのは、百害あって一利なしです。

なお、当たり前ですが、yoshieさんのNoteが売れたのは、その内容のクオリティが素晴らしかったから、インフルエンサーの目に留まり、広まった感じです。

じゃあ、「どうしてyoshieさんのNoteは素晴らしいのか」を考えると、日々のクライアントワークを通して、淡々を努力を続け、レベルアップを重ねていたからだと思います。

ここまで書けばわかると思いますが、「継続的な努力なしでは、トレンドにも乗れない」ということです。 今日もがんばりましょう(`・ω・´)ゞ

収益を伸ばす裏ワザも書いておきます


ここは少し余談ですが、、、わりと重要なので書きますね。

僕が作成した有料Note「【超初心者向け】ブログ型アフィリエイトの教科書【実名サイトを人生の母艦にしよう】」は月に20〜40万円くらい売れており、このNoteから自作のWordPressテーマが売れています。

つまり、「有料Noteが売れる→有料Note内で自作コンテンツを紹介する→さらに売れる」みたいな循環でして、売上は二次曲線的に伸びやすいです。

なお、当たり前な話ですが、商品は良質じゃないとNGです。

有料Noteが売れたからといって、「もっと稼ぎたいから質の悪い商品も紹介しちゃおう」とかって思ったら、それじゃあ信頼を失いますので。

大切なのは、「常に真剣に商品を作ること」です。
じゃあ、どんな感じで商品(つまり、デジタルコンテンツ)を作ればいいかが気になるはず。 次の項目で、僕の実体験をもとに解説していきます。

※記事が長くなってスイマセン。結構ノウハウが溜まっているので、どうしても長くなってしまいます。あと1分で終わりますm(_ _)m

自作のデジタルコンテンツを作る際のポイント2つ


ポイントは2つあります。

  • ポイント①:欲しいものを作ること
  • ポイント②:専門分野で戦うこと

ポイント①:欲しいものを作ること

最初のスタートは、「自分が欲しいモノ」でいいと思います。

僕の場合は「MinimalというWordPressテーマ」でして、このテーマは、「自分で使いたいから作った」だけでして、「ついでに販売してみるか」という気持ちでした。

なお、実はMinimalの前にもWordPressテーマを作っており、それが「かるいテーマ」です。

かるいテーマは、失敗をしておりまして、ほとんど使われていません。というか、使っていたのは僕だけかもですね笑。 とはいえ、実際に商品をつくることでノウハウが溜まりますので、後悔はゼロです。

重要なポイント

最初は、失敗しますよ。

どうせ売れないからといって、行動しない人が多すぎです。
シンプルな事実を書いておくと、「成果を出している人=行動している人」です。

そして、成果を出している人の「表面」だけをみるんじゃなく、「過去の試行錯誤」も遡ってみるといいです。ブログとかなら過去記事をみれますので、勉強になると思いますよ。

ポイント②:専門分野で戦うこと

基本的には、世界に1つだけの商品を生み出すので、その分野に詳しくないと、商品を作ること自体が不可能だと思います。
※中途半端な知識で作っても、たぶん売れないですし、価値も低いです。

僕の例だと、「WordPressテーマ、アフィリエイト、ブログ運営」あたりを軸にしていまして、特にWordPressに関しては、過去にエンジニアとしてガリガリと開発をしていました。

そのときに感じていたのですが、「複雑なコードを使っているテーマが多すぎる…」という事実です。

それも仕方ないことでして、大半のWordPressテーマは「完全初心者でも使える」というコンセプトになっており、だからコードが長くなる訳ですね。

しかし、プログラミングをすこーしだけ勉強したら、WordPressのカスタマイズなんて簡単ですので、多少は玄人向けでもいいんじゃないか、と思いつつMinimalをリリースしました。

なお、Minimalをリリースしたときはあまり売れなかったのですが、最近はブログブームがきており、その風をうけて、勝手に売上が伸びたりしています。

人と違った経験は、価値になります

商品開発をもう少し深掘りすると、サウザーさんがおもしろいです。

ブラック企業と裁判した方法のコンテンツ

上記のとおりなのですが、要するに「ブラック企業で消耗→ブラック企業を辞める→会社を訴える→会社からお金を貰う→さらにこの経験をコンテンツ化する」という感じ。

裁判とかって、「いや、、、怖いから無理」という人が大半ですが、アメリカだったら裁判なんて普通ですし、日本でもアメリカほどじゃないですが、裁判はよくあることです。

そして、サウザーさんのように「1つ目のハードル:裁判をする、2つ目のハードル:経験をコンテンツ化する」という2段階を超えることができる人は少なく、結果として希少価値の高い情報になりますよね。

これって、現在ブラック企業で消耗している人は、全員が使える方法だと思いまして、まずは「残業をしすぎているという事実を記録すること」から始めてみるのはいかがでしょうか。

まずは「失敗する」というスタート地点からどうぞ


行動しないと、なにも始まらないですね。
そして、行動した結果、99%は失敗すると思います。

参考までに、僕の失敗歴を、惜しげもなく公開してみますね。

僕の失敗歴(もはや、失敗に慣れました)

  • 起業に失敗して、26歳で月収5万円になる。
  • フリーランスとして複数事業に関わりすぎ、タスク崩壊。
  • 流行ると思ったWebサービスで、すべて失敗。 ※10個くらい作った
  • サイト量産アフィリが儲かると信じて、100サイト作り、収益2万。
  • リスティングアフィリに挑戦して、初日で20万円を溶かす。

こんな感じ。
もはや、失敗なんて呼吸と同じですよ。

息を吸う様に失敗して、息を吐く時には次の挑戦をするくらいでOK。

しかし、失敗からの学びは多かったです。
現在は、成果がでてきたので、下記に記載します。
※自慢じゃないです。行動することの重要性を示すためですm(_ _)m

現在の実績(人生が、すこし楽になりました)

  • ブログを470日くらい継続したら、ブログ収益が月200万を超える。
  • 有料Noteを毎月リリースしたら、売上が月100万を突破。
  • Web制作事業を仕組み化したら、月収100万突破。
  • Twitterでインフルエンサーを真似しつつ分析したら、フォロワー2万を突破。
  • 貧乏生活を経験後、お金の重要性を噛みしめたら、生活が豊かになった。

こんな感じです。
そろそろ記事が長いので、最後にちょろっと書いて終わりにします。

淡々と続けて、波に乗る。

まずは、現時点で頑張っていることを、本気で続けましょう。
そして、トレンドに乗ることを意識しつつ、思いついた商品があれば、失敗を恐れずに作ってみるべきです。

過去の僕は、「トレンドに乗っても、すぐに終わるから意味ないでしょ」と思っていたのですが、それは勘違いでした。

トレンドに乗ることで、全体の売上が伸びます。
そして、トレンドが過ぎ去っても、売上上昇はなぜか継続します。 

イメージとしては、「トレンドに乗る→売上が200%になる→トレンドが過ぎても売上120%くらいでキープ」という感じ。

なので、日々の淡々とした努力を続けつつも、トレンドがきたら波乗りしましょう。心から、おすすめします。トレンドは人生を変えますので。

という訳で、今回は以上となります。

2018年の8月現在だと、トレンドは見えていません。日々の努力を続けつつ、トレンドを待ってみようと思います。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】