Written by Manabu Bannai

ブログを毎日更新することのメリットとデメリット【420日を達成済み】

Blog LIFE

ブログを毎日更新しようか考えている人「ブログの毎日更新を頑張ろうかな…。 上位ブロガーの方は毎日更新している人が多いし、自分も追いつきたいので、毎日更新しようかなと思う…。とはいえ、、毎日更新って大変そうだし、、、やるべき価値はあるのかなぁ。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • ブログの毎日更新で得られるメリットとは
  • ブログを毎日更新するデメリットは1つだけ
  • 毎日更新は価値ありだけど、燃え尽き注意です

この記事を書いている僕は、ブログの毎日更新を続けて、420日が経過しました。
最近はブログ収入だけで生きていけるようになったので、自宅に引きこもりつつ記事を書いて、残り時間はゲームに費やすという、圧倒的な幸福生活をおくっています。

こういった背景の僕ですが、今回は「ブログの毎日更新をしてみて分かったこと。メリットやデメリット、更には続けるコツ」などを解説していきます。

スポンサードサーチ


ブログの毎日更新で得られるメリットとは


メリットは次の5つです。

  • メリット①:文章力が向上する
  • メリット②:文章を書く苦痛が消える
  • メリット③:アクセスと収益が伸びる
  • メリット④:自分なりの文体ができあがる
  • メリット⑤:SNSで好感度が上がる

メリット①:文章力が向上する

当たり前だけど、文章力が向上します。

ライティングってスポーツみたいな感じなので、毎日書くと、徐々に慣れる&上達します。 文章が苦手な人でも、書きまくれば上達しますので、スポーツのようにライティングを楽しみましょう。

メリット②:文章を書く苦痛が消える

一言でいうと、ネタ出しに慣れるなぁ、と感じます。
例えばですが、コラムライターとかも出来るんじゃないか、と感じています。

  • ブログを書き始めたころの僕:記事ネタがなくて、圧倒的に苦しむ…。
  • 現在の僕:日常生活を送りつつも、無限にネタがでてくる。

ここはコツがありまして、それは「ブログネタを常に考える習慣をつくる」ということです。詳しくは「ブログが書けない人の3つの問題点【毎月10万文字を書く僕が語る】」でまとめました。

メリット③:アクセスと収益が伸びる

1年くらい毎日更新したら、アクセスが5倍で、収益は10倍になりました。

「え? どうやってやるの?」と聞かれそうですが、その答えは「SEO」です。ノウハウは世の中に出回っておりまして、僕の経験も体系化してまとめています。

詳しくは「【超初心者向け】ブログ型アフィリエイトの教科書【実名サイトを人生の母艦にしよう】」をどうぞ。

メリット④:自分なりの文体ができあがる

抽象的な話ですが、「書いていて気持ちよさが向上するなぁ」と感じます。

僕の文章は、お世辞にも綺麗とはいえませんが、なんとなくのテンポがあると思います。 こういった「自分なりのテンポ」みたいなのが出来上がると、文章を書いていて「あぁ、気持ちいいな」と感じるようになります。

イメージとしては、毎日更新を続けて、8ヶ月目くらい(つまり、240日目)くらいで、「なんか自分なりの型ができてきたな」と感じました。

メリット⑤:SNSで好感度が上がる

わりと重要な部分でして、「記事を書く→SNSでシェアをする」という毎日を繰り返していると、単純に露出する回数が増えます。

すると、心理学では「単純接触効果」と呼んだりするのですが、「接触回数の多い人には、好感を抱く」という状態が生まれますね。

世の中にいる「ブロガー」と呼ばれる人たちは、総じて好印象だったりしますが、その理由は「単純接触効果」にあったりしますね。

ブログを毎日更新するデメリットは1つだけ


デメリットは、シンドイことです。 これに尽きる。

高品質な記事を、毎日書くのは大変です

当たり前ですが、「適当な記事を積み上げる」なんて行為に価値はありません。 言葉が悪いですが、ゴミを積み上げても、それはただのゴミですので。

じゃあ、「高品質な記事を書くにはどうすべきか?」という話ですが、その答えは「キーワード最適化した記事を書くべし」です。

僕はこのブログで何度も書いていますが、「キーワード最適化した記事を書く=高品質な記事執筆に繋がる=安定的なアクセス&収益アップに繋がる」という流れです。

「オピニオン記事でブランディングするのも大切だ」みたいな話もありますが、結果をだせばブランディングにも繋がりますので。まずは、結果にコミットが最重要です。

※キーワード最適化した記事を書く方法は「【初心者向け】ブログのアクセスアップでやることは『3つだけ』です」をどうぞ。

僕が420日の毎日更新を達成できた理由

結論は、「”徐々に”ブログへの投下時間を増やしたから」です。

現在はブログだけで生活費が入ってきますが、当たり前ですがブログ初期ではそうじゃなかったです。

ブログ収益が少なかった時代では、別の仕事から収入を得ており、ブログは週に2本くらいしか書けなかったです。※生活費を稼ぐための仕事が忙しかったからです。

ブログ収益が10万を越えたくらいから、ブログ更新を週に4本くらいにしました。それと同時に、ブログ以外の仕事を徐々に減らしていきました。

そして、ブログ収益が20万を越えたくらいから、「これはブログに特化すべきだな」と思い、毎日更新を始めた、という感じです。

現在は、わりと楽な状態です

ブログを毎日書いていてすごい、と言われますが、そんなことないです。
その理由として、下記の僕のTweetをご覧ください。

上記のとおりでして、ぶっちゃけ現在だと「ブログという自動販売機」が完成しているので、時間的な余裕は結構あります。

じゃあ、辛かった時期はいつかというと、「ブログ収益がほとんどない時代」ですね。とはいえ、だれもが通る道なので、避けることはできないです。あと、大半の人は「ブログ収益がほとんどない時代」で挫折しますね。

毎日更新は価値ありだけど、燃え尽き注意です


毎日更新の本質は下記のTweetです。

上記のとおりでして、要するに「毎日更新すると、読者の日常に入り込める」ということです。

例えばですが、「今日は暇だし、◯◯さんのブログでも覗いてみようかな。毎日更新してるし、おもしろそうな記事を漁ってみよう」という状況が生まれる訳ですね。

なので、毎日更新は素晴らしいことなのですが、、、とはいえ「かなり大変です」ということもお伝えしておきます。

個人的には「まずは週2本で100本を目指す」くらいでいいんじゃないかなと思います。このあたりの理由は「ブログのアクセスアップに必要な記事数は100本【失敗例も解説する】」もどうぞ。

ブログと並行して、好きなことも楽しむべき

映画が好きなら、「ブログネタを意識しつつの映画鑑賞」とかもありだと思います。

例えば、「泣ける映画を10本見て、それを記事にしつつ、Amazonなどのアフィリエイトリンクを貼る」みたいな感じです。

ブログの素晴らしいところは「趣味を現金化できること」なので、趣味でお金を使ったら、それをブログでアウトプットしつつ、収益化するようにしてきましょう。

というわけで今回は以上です。
毎日更新は価値ありですが、無理のない範囲で進めていきましょう。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】