Written by Manabu Bannai

ブログで「もう稼げない」という意見は間違いです【失敗は、成長です】

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。
当サイトのマナブログでは、月500万くらいを稼いでいます。

先日に下記のツイートをしました。

今からブログを始めても稼げないとか、今からYouTubeを始めても稼げないとか、今からプログラミングを始めても稼げないとか言われますが、、、ぶっちゃけ全ての分野で稼げます。
そもそも論として、1つに挑戦して、いきなり成功するというマインドが間違い。全部に挑戦して、努力したら、余裕です😌

今回は「ブログで稼ぐこと」を深掘りします。
結論を書いておくと、ブログで稼げます。今からでも、間に合います。

スポンサードサーチ


ブログで「もう稼げない」という意見は間違いです


結論として、ブログではまだまだ稼げます。

  • 理由①:市場が伸びているから
  • 理由②:トレンドが移り変わるから
  • 理由③:進行系で僕が伸びているから

上記のとおりなので、順番に、論理的に解説します。

理由①:市場が伸びているから

ブログで稼ぐとは、要するに「広告費を稼ぐ」ということです。
では、企業のインターネット広告費を見てみましょう。

下記のとおり。

引用:d2c.co.jp

言うまでもなく、伸びていますよね。つまり、今からでも全然遅くない。

もちろん、注意点もあります

注意点としては「伸び切ってる分野で戦うのはNG」です。
例えばですが、下記の領域です。

  • キャッシング 
  • 中古車の販売 
  • 全身永久脱毛

例えば上記です。

これらの分野は「ブログやアフィリで稼ぎやすい」と言われますが、微妙です。
なぜかというと、市場が伸び切っており、これから大きな変化が起こりづらいからです。

キャッシングとかはアコムが大手ですが、これから大きな変化は起きないはず。
あと、中古車販売とかも同じです。これから伸びるのは、自動運転ですからね。

脱毛系もキツイかなと。メンズ脱毛なら、伸びしろありだと思います。

つまり解説をまとめると、市場全体は伸びてるけど、市場の中でも「伸びてる分野」と「伸びてない分野」があります。

僕の結論は、伸びてる分野で戦うべき、です。

理由②:トレンドが移り変わるから

ブログやアフィリエイト業界では、トレンドがあります。

  • 2013年〜2015年:キュレーション時代
  • 2015年〜2017年:長文SEO時代
  • 2018年〜2019年:インフルエンサー時代

ざっくり上記のとおり。時代によってトレンドが変わりますので、最適に自分の立ち位置を考えるべき。

2019年現在でも、キュレーションみたいなゴミ記事を量産するサイトがありますが、もう無理ですよ。はやめに撤退すべきです。

そして、弱者からしたらチャンスが多い時代です。

現在の僕は、わりと勝つポジションを取ることができましたが、ここで落ち着かずに、常に次の一手を探っています。

1つの選択肢としてYouTubeを始めまして、7ヶ月でチャンネル登録10万人を超えました。間違いなくYouTubeもトレンドなので、波乗りしつつ、常にチャンスを探ることが大切です。

なお、話がズレましたが、ブログにおいてもトレンドが存在します。2018年の後半では、明らかにママ系のTwitterアカウントが増えましたね。ここ狙いで記事を書いたりでも、稼ぎやすいです。

理由③:進行系で僕が伸びているから

ちょっと暴論ですが、、、ブログはまだ稼げます。
なぜなら、現在進行系で僕が伸びているからです。

当サイト(マナブログ)が伸びている理由

自己啓発キーワードに、入魂記事を執筆しているから。

上記のとおり。
最近のマナブログでは、自己啓発っぽい記事が多いです。何故かと言うと「チャンスだから」ですね。

自己啓発のキーワードで検索すると、胡散臭いサイトか、スピリチュアル系のサイトばかりが出てきます。一方で僕は、起業経験、フリーランス経験、エンジニア経験などがあり、わりと論理的に考えるタイプです。

なので、自分の強みを活かしつつ、自己啓発系のキーワードを狙いつつ執筆しています。

あと、たぶんですが、時代が求めている情報な気もします。ぶっちゃけ、ノウハウは無料で手に入る時代です。では、大切なことはなにかというと「行動すること」です。

なので僕は、圧倒的に「読者の背中を押す」ということを意識しています。

◯◯でもう稼げない ←使い古された言葉です


いつも思いますが、世の中では「◯◯では、もう稼げない」という言葉をよく耳にします。

僕がアフィリエイトを始めたのは2013年ですが、当時も「もはやアフィリエイトは無理です」と言われていましたからね笑。

行動しないための言い訳は、無価値です

ちょっとキツイ言葉かもですが、例えば「◯◯はもう無理」とか「◯◯では稼げない」とかって、非生産的な言葉です。そして、そういった言葉を使う人は「ブログで稼げない。なぜなら、競合が多すぎるから」といった論理を出します。

言葉を選ばずに言ってしまうと、思考が浅すぎるなと思ってしまいます。記事の前半で書いた通りですが、伸びている市場もあれば、飽和している市場もあります。

なので「ブログはもう無理」という人は、それはつまり「インターネット広告はもう無理」と言ってるのと同じです。

いやいや、どう考えても、そんなことないですよ。

世の中が反発するなら、そこにチャンスがある話

これは最近の気づきですが、要約すると下記のとおり。

  • 時代に先行した行動をすると、批判がくる
  • 批判されるポジションは、辛いけど蜜が多い
  • 世間的に安パイな生き方だと、競合が多すぎ

要するに、一言でいうと「先行者利益」です。

世の中で稼ぐ人の大半は、先行者利益を得ています。例えば、2chまとめサイトとかがありますが、あのようなサイトの運営者は、毎月数百万といったお金を稼いでいます。

もちろん稼げていないサイトもありますが、勝っているサイトの特徴は、昔からやっているサイトです。

ひと昔前だと、2chまとめサイトの風当たりが強かったです。しかし、そこに耐えたサイトが、生き残ったりしていますね。

つまり、自分のやっている行動で「世間の全員が賛成する」という感じだと、ぶっちゃけ微妙かもです。すでに先行者が、すべての甘い蜜を吸っていますよ。

世間と逆張りすると、甘い蜜ばかりです

というわけで、僕が行っている逆張りをネタバレします。

上記のとおり。スイマセン、怪しいです。
しかし、稼ぎ方の解説などは、完全に合理的です。ぜひ「雰囲気」じゃなく「内容」で判断してください。

なお、こういったポジションを取ることのデメリットは、よく「お前は詐欺師だ」と書かれることです。もう慣れましたが、詐欺師だと批判するなら、被害者を連れてきていただけたら、対応します<(_ _)>

稼げるかどうかは、自分で判断しよう

というわけで、今回はこれくらいにします。
僕の結論は、下記のとおり。

  • 今からでも、ブログで稼げます
  • 今からでも、アフィリで稼げます
  • 今からでも、YouTubeで稼げます
  • 今からでも、ライティングで稼げます
  • 今からでも、プログラミングで稼げます
  • 今からの行動でも、全然、間に合います

上記のとおり。

行動することに遅すぎるなんてありませんし、仮に失敗しても「失敗した理由」がわかれば、それは「成長」です。世間に振り回されていたら、がんじがらめになって動けませんよ。

僕は自分を信じて行動し、行動しつつ数字を見て、冷静に分析しつつ改善します。やることはこれだけです。明日からも、ブログやYouTubeを頑張ります。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】