Written by Manabu Bannai

ブログでは「直帰率」を気にする必要はない【滞在時間を見るべき話】

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。
普段はブログでご飯を食べておりまして、Twitter発信を頑張ったら、フォロワー1万人を超えることができまして、圧倒的に感謝です。
» マナブ@バンコク (@manabubannai) | Twitter

最近はブログに関する質問が増えており、先日は下記の質問をいただきました。

いただいた質問がこちら

ブログをやっています。記事は20記事程度で、直帰率66%、滞在2分overです。 これって出だしとしてはまずまずでしょうか?文字数を増やしたほうがいいですか?
引用;Peing -質問箱-

僕の回答のTweetがこちら

Twitterだと、どうしてもあっさりした回答になってしまうので、今回は記事で深掘りしようと思います。

なお、結論を先にいってしまうと、「直帰率はあまり見る価値がないですが、滞在時間は重要であり、サイトが伸び悩むならチェックすべき指標」かなと思います。

ブログ歴6年&ブログでご飯を食べている僕が、3分ほどで知識を共有しますね。

スポンサードサーチ


ブログで直帰率を気にする必要はないです


直帰率とは「サイトにきた読者が、そのままサイトから居なくなった確率」ですが、これには「ポジティブ or ネガティブ」な場合があります。

  • ポジティブな直帰とは:記事で誘導したページ(アフィリサイトなら商品ページなど)に読者が移動した
  • ネガティブな直帰とは:記事が読みづらい or 情報が分かりづらい or つまらないから、検索結果の画面に戻った

上記のとおりですて、Googleアナリティクスでは「ポジティブな直帰とネガティブな直帰がごっちゃになっている」ため、数字を追いかけてもあまり意味ないですね。

直帰率で意識すべきこと:読者を検索画面に帰さないこと

「読者を検索画面に帰さないこと」という意識は大切です。その理由は、ネガティブな直帰はSEOに悪影響あある、と予想できるからです。 ※分かりづらいので下記に箇条書きしました。

  • ポジティブな直帰とは:記事で誘導したページ(アフィリサイトなら商品ページなど)に読者が移動した → Googleからの評価は下がりづらい
  • ネガティブな直帰とは:記事が読みづらい or 情報が分かりづらい or つまらないから、検索結果の画面に戻った → Googleからの評価が下がりやすい

ここは僕の予想&ブロガーの友達もよく言っていることでして、大きく間違っていはいないかなと思います。

考えてみたら当たり前ですが、「①ググる→②記事を見る→③検索画面に戻る」という行動なら、「②記事を見る」ときの「記事」は「検索意図に沿っていない→評価を下げるべき」って考えることができますからね。

直帰率を下げる記事ライティングをする方法

直帰率でも離脱率でも同じですが(細かい用語の意味が分からないならググってください)、これらの数値を下げる方法はただ1つです。

直帰率を下げるライティングの結論

読者の「次」の行動を意識したライティングをすること。

これに尽きますね。 とはいえ、読者の行動を意識してライティングするのが難しいのですが、、、そういった方の為にテンプレートをご用意しておきました。

詳しくは【ブログ特化】収益UPするアフィリエイト記事の書き方【実例公開】の記事をどうぞ。この方法でライティングしたら、ブログ収益が上がったとの声をよく頂いています。

ブログの滞在時間は重要な話


直帰率とは違って、「平均ページ滞在時間」はとても大切です。
結論としては、「文字数に対して滞在時間が短い→記事が読まれていない」ということを意味します。

平均ページ滞在時間の目安:2,000文字で3分

読む速度は人によりますが、2,000文字で3分くらい、、、と言われることが多いです。僕のブログの場合は、平均文字数が4,000文字くらいでして、平均ページ滞在時間が3分50秒くらいなので、まぁまぁ読まれているかなと思います。
※なお、このサイト収益は月間100万円を越えています。

収益を上げている記事を滞在時間を考察してみる

参考までに、僕のサイトで「月間10万円以上の収益上げている記事の滞在時間」を見てみます。

  • 記事A(月間収益12万円くらい):2,500文字で4分23秒
  • 記事B(月間収益30万円くらい):2,000文字で4分43秒
  • 記事C(月間収益10万円くらい):5,000文字で10分24秒

具体的な記事は伏せていますが、上記の感じ。
ここからわかることは「稼いでいる記事はじっくり読まれている」ということです。まぁ当たり前すぎる結論ですが…。
※ブログ収益は有料Noteで公開しています。

なので、当たり前すぎる事実ですが、滞在時間が長いと順位が上がりやすくて、順位が上がりやすいと収益を生みやすいですね。

じゃあ、サイト運営者としてやるべきことは、「ずばり、読者フレンドリーな記事を書き続ける」ということですね。Google先生も同じことを言っていた気がする。

ブログの直帰率を下げつつ、滞在時間を伸ばす方法


記事内容をまとめると、次のとおり。

  • 直帰率は低いほうがいいだろう(参考値:僕のブログは65%)
  • 滞在時間は長いほうがいいだろう(参考値:僕のブログは3分50秒)

上記の感じでして、自分のサイトを比べつつ、「あれ、数字があまり良くないな」と感じるなら、改善の余地があるかなと思います。

直帰率&滞在時間の改善方法

次のとおりです。

上記のとおり。 紹介した2本の記事はSNSでも評判が良かったので、参考になるかなと思います。ぜひどうぞ。

この記事の直帰率は低く、滞在時間も長めだと思います

最後にこの記事を例に解説してみると、この記事では[ブログ 直帰率, ブログ 滞在時間]といったキーワードを狙って書いておりまして、読者が知りたい順番に情報を掲載したつもりです。

さらに、「ブログの直帰率や滞在時間」の知見を持った読者が、次にとりたいアクション(つまり、直帰率を下げて、滞在時間を伸ばす)は別記事のリンクを貼っていますので、学習したい方は内部リンクをクリックするのかなと。

というわけで今回はこんな感じです。
ブログ運営とかSEOって、こういった試行錯誤も繰り返しでして、これを3年くらい続けたら、わりと太めな副収入は作れるかなと思います。 ブログ収益があると人生の難易度が下がりますので、この機会にぜひどうぞ(`・ω・´)ゞ

直帰率の改善方法を解説した記事

滞在時間の改善方法を解説した記事

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】