Written by Manabu Bannai

【朗報】ブログで200記事を書くと、月5万円くらい稼げる話【嬉しい】

Blog LIFE

こんにちは、マナブです。

ブログを1,000記事くらい書きました。
このブログで、月600万円くらい稼いでいます。

さて、先日に下記のツイートをしました。

最近の気づきとして、ブログを200本くらい書くと、皆さん月5〜10万は稼ぎますね。
昔の僕も「記事200本で、月7万くらい」の収益でした。その後に、企業サイトのSEOも担当し、同時並行でブログ400本を達成したあたりで、なんとなく「コツ」を掴み、そこから月10万をサクッと超え、すぐ50万も超えました

ブログを200本くらい書くと、人生が変わるかもです。
伸びてるブロガーを紹介しつつ、ブログ運営を考察しました。

ブログで200記事を書くと、月5万円くらい稼げる話


200記事で、たぶん月5〜10万じゃないですかね。
もちろん、ある程度は成果を出している人の数字です。

世の中には「とにかく記事を書きまくる」といった人がいますが、それじゃあ伸びませんよ。

伸びているブロガーを紹介する

僕の周りでも、伸びてるブロガーが増えてきました。
そして、Twitter発信だったりを加味しつつ「今後も伸びそうだな」という人をご紹介します。

  • ミツキさん(収益10万くらい)
  • Tsuzukiさん(収益14万くらい)
  • ソリンドさん(収益5万くらい)

上記のとおりです。
ざっくり紹介していきます。

ミツキさん(収益10万くらい)

ミツキさんには、先日にバンコクでお会いしました。
そのときに「確実に伸びるな」と思いました。

というのも、収益の仕組みを完全に理解している人なので、足りないのは「作業くらい」じゃないですかね。
260記事で10万とかなので、すぐに月20万とかは超えてきそうな予感です。

Tsuzukiさん(収益14万くらい)

Tsuzukiさんも、過去に一度お会いしたのですが、昔過ぎて記憶が曖昧です。
当時の印象は「行動力ありすぎの優秀学生だな」という雰囲気でした。

彼の周りも皆さん優秀だったので、やはりブログでも伸びますよね。
記事当たりの収益率も高いです。ここについては後述します。

ソリンドさん(収益5万くらい)

ソリンドさんはTwitterでの絡みだけです。
今回のメンツでは最年少ですかね。まだ22歳の大学生です。

若すぎる&将来有望すぎる。
収益率はそこまでという感じですが、それでも月5万達成は素晴らしいですね。

収益率に差が出る理由

ここまで読んで、大半の人は「サイトによって収益率が変わるんだな…」と思ったはず。ちなみに僕は下記です。

  • 月間収益:月600万
  • 運営ブログ:manablog
  • 記事数:1,000記事
  • 収益率:1記事あたり6,000円

上記のとおりです。収益率が高すぎですよね。
この秘密は簡単で「ジャンル選び」にあります。

ブログの収益性を比較する

  • ミツキさん(収益10万) → 転職系
  • Tsuzukiさん(収益14万)→ VOD系
  • ソリンドさん(収益5万) → 物販系
  • manablog(収益600万) → 転職+プログラミング

上記のとおりです。
ブログで稼ぐ際には「収益率」を確認すると良くて、ジャンルによって変わってきますね。

なお、VODとは「ネットでの動画視聴サービス」のことです。
例えば、Netflixとかが有名ですね。

収益率を調査する方法

シンプルに「ASPに問い合わせる」とかでもいいと思います。
例えば「afb」といったアフィリエイトASPが有名ですが、そこのお問い合わせフォームから聞いてみるとかですね。

とはいえ、これだと返事が来ないかもなので(先方の会社にメリットがないため)、自分でも調査できます。

上記は「キーワードプランナー」というGoogleツールを使っており、各キーワードの収益性を確認できますね。

ざっくりの情報ですが、転職だと収益性が高いですよね。
一方で「テニス」とかだと、低めです。

補足:キーワードの収益性が全てじゃない

とはいえ、収益性だけですべてを決めるのも、ちょっと微妙です。
というのも、収益性が高ければ、その分だけ「競合も多い」という事実があるので、難しいところです。

あと、例えば「現時点ではVODの収益性が高いけど、長期視点ではテニスの方が需要が安定する」といった事実もありますよね。

典型例は「Amazonプライム」とかですが、以前は「Amazonプライムを紹介するブログが、かなり儲かった」という時期がありました。たぶん2017年とかです。

しかし、Amazonが顧客を取り終えた現在は、言うまでもなく収益性が低下しています。難しいところですね。

では、ブログの最適解はどこにあるのか?
ここを次の章で解説します。

ブログ運営の最適解は「価値を生むこと」です


よく聞かれるのですが、例えば「どのジャンルがオススメですか?」とか「◯◯の分野で稼げますか?」という質問ですね。

ぶっちゃけ、答えることもできますが、あくまで一般論です。例えば、稼ぎたいなら「ハゲ予防」の記事を書くのもありです。

しかし、書けますか?

本質論:価値を産めるなら良い

どんなジャンルにせよ「自分が価値を産める」という状態なら問題なしです。
よくある失敗例は「いきなり稼ぎやすいジャンルに参入して、1円も稼げずに挫折」ですね。というか、昔の僕もこれでした。

当時は「クレカが稼げる」と聞いたので、とりあえずクレカの記事を書きました。
しかし、僕はクレカに興味がないし、リサーチもしませんでした。

言わずもがな、収益は0円でした。

質問:あなたはどういった価値を生みますか?

というわけで、ここが大切です。

あなたの記事は、誰に価値を与えますか? もしくは、どういった人を救いますか?

例えば、下記が参考です。

  • 大学生だった頃の僕 → 休学して就活したので、休学経験者の就活にフォーカスして発信した。収益は低かったですが、フォロワーが増えました。
  • エンジニア時代の僕 → プログラミングを「稼ぐツール」と定義して、徹底的に稼ぎ方に特化して発信した。この方法でブログ収益が伸びた。

上記のとおりです。
なにかしら1つくらいは、ネタがあるはずです。そこを考えて、発信しましょう。

なお、もしかしたら「自分には完全に実績がない」という人がいるかもですが、その場合は「よく友達に聞かれること」でもいいと思いますよ。

それすらもないなら、いったん筆を置いて、2年くらい鬼のように挑戦しましょう。
そしたら確実に小さな成果が出ます。そしたら、それがネタになります。

補足:すでに稼げている人なら、狙い撃ちもあり

先ほどに3名をご紹介しました。

  • ミツキさん(収益10万くらい)
  • Tsuzukiさん(収益14万くらい)
  • ソリンドさん(収益5万くらい)

上記の皆さんくらい稼げているなら、たぶん「収益ジャンルの狙い撃ち」もありです。
要するに「アフィリエイターとかと、バシバシ戦いましょう」ということです。

例えば下記です。

  • ミツキさん → 社畜SEからフリーランス独立したので、社畜SE向けの発信。独立手順。SEのキャリア戦略。エンジニアのキャリア戦略など。
  • Tsuzukiさん → 学生時代から海外インターンなどに詳しく、現在は台湾でリモートワークなので、若者の働き方を発信。スキルを身につける働き方として、例えばベンチャー就職や就活ノウハウなど。
  • ソリンドさん→大学生で月5万ほど稼げているので、バイト以外の稼ぎ方の選択肢。国立大なので、学習情報もあり。

例えば、ざっくり上記です。
皆さんの過去キャリアについて、僕はそこまで詳しくないので、、、コメントが抽象的でスイマセン。

とはいえ、すでにブログで月5万を超えているなら、自分の経験を収益ジャンルに掛け合わせることで、急激に伸ばしたりできますね。

僕はこれで「月8万→50万」まで急上昇しました。

努力に慣れ、基準値を上げよう

というわけで、最後に記事数を振り返ってみます。

  • ミツキさん:260記事
  • Tsuzukiさん:187記事
  • ソリンドさん:282記事

上記のとおりで、これくらいが月5万の作業量として考えておくと、良いかもです。

もちろん、もっと早く稼ぐ人もいますし、そうじゃない人もいます。
とはいえ、過去の僕は「記事200本で、月7万くらい」だったので、わりと同じくらいですよね。

月5万だと、年間60万円です。会社の給料を60万円ほど増やすのは、わりと大変です。というか、転職しないとたぶん無理です。

なので、転職とかで年収を上げるのもいいですが、それと同時に「ブログで稼ぐ」も大いにありかなと思っています。
ぜひ、コツコツと続けて、徐々に上を目指してみてください。

人気記事フリーランス向け求人サイトの選び方+おすすめ5選【脱依存しよう】

人気記事IT系に強い転職サイト・転職エージェント3選【辞める前提で選ぶべき】