Written by Manabu Bannai

β版サービス限定のキュレーションサイト『BetaList』がいい感じ!

Digital-Nomad

人の数だけ人生がある。
スタートアップ風に言い換えると、人の数だけサービスがある。

スタートアップ業界をみているとわかりますが、世の中には日々新しいサービスが生まれています。そして、その大半が流行らずに消えていきます。

そんなスタートアップ業界のβ版サービスのみをキュレーションしたサイト『BetaList』をご存知でしょうか。

BetaList(ベータリスト)とは?

ベータリスト1
名前のとおりですが、β版のサービスをキュレーションしたサイトです。UIはとてもシンプルでわかりやすい。
Discover and get early access to tomorrow’s startups – BetaList

BetaList(ベータリスト)の便利な使い方

SNSかRSSフィードでフォローしておくと便利です。

Facebookページ:Beta List
Twitter:BetaList (@BetaList) | Twitter

BetaList(ベータリスト)のインタビューコンテンツがイケテル

BetaListには複数のインタビューコンテンツが掲載されています。インタビューといえばテキストのイメージですが、BetaListでは異なります。すべてのインタビューが動画コンテンツとなっています。かつ、Skypeインタビューってところが近代的でいいですね!

GhostのFounderのインタビュー動画がこちら。

BetaList(ベータリスト)の創業者でありデジタルのマドのMarc Köhlbruggeがイケメンすぎる!

ベータリスト2

上記写真のとおりイケメンです。
Marc Köhlbruggeはどういった人物なのか?背景を探っていきます。

BetaListの創業者であるMarc Köhlbruggeは、BetaListの創業前には2社のスタートアップに関わっていました。

1つ目がpr.coというプレスリリースの配信サイトです。
2つ目がopenmarginという書籍内の文章で感じた想いをシェアできるiPadアプリです。openmarginは和訳すると、行間を読むといったイメージでしょうか。外国人でもこういった感情を持っているのですね。

openmarginのイメージ動画

現在はBetalistにコミットしているようです。
Betalistのすごいところは、β版リリースと同時にTechCrunchに掲載されていることです。通常ですと、TechCrunchはβ版サービスを掲載しません。

では、どのようにTechCrunchへアプローチしたでしょうか?当時の状況(Betalistのグロースハック事例)は以下の記事に掲載されています。
How I tricked TechCrunch into writing about my startup — Beta List — Medium

まとめ

スタートアップをしてみたい方は、β版のサービスを作った後にBetalistに投稿してみてはいかがでしょうか。投稿方法は簡単で、投稿ページへ必要情報を記入するだけです。

ペライチのサイトを作って、ユーザーニーズを確かめることができるBetalist。素晴らしいサービスですね。今後の継続的な発展に期待です。

※余談として…
Betalistの日本語版があったらおもしろいと思っています。興味ある方は一緒に作りませんか?サービス開発は僕がやるので海外スタートアップに詳しいキュレーターを探しています。興味あるかたはTwitterからご連絡ください。
マナブ@一時帰国中 (@manabubannai) | Twitter

人気記事:映画を使って楽しく英語学習しましょう。

» 英語学習におすすめの映画10選|勉強法もあわせて解説