Written by Manabu Bannai

バンコクからパンガン島への行き方【2つのルートを解説します】

TRAVEL

バンコクからパンガン島への行き方をまとめます。
まずは基本的な流れを整理。

バンコク→サムイ島→パンガン島

この順序になります。
パンガン島にはエアポートがないので、ちょっと不便です。
» 関連記事:パンガン島のフルムーンパーティに参戦した【行き方・場所・注意点】

サムイ島からパンガン島へ船で移動する方法


サムイ島→パンガン島は簡単なので、先に説明します。

サムイ島に到着したら、船乗り場に行くだけです。
船乗り場は2つありますが、どちらでも問題ないです。下記地図で、オレンジ色のピン立っている場所です。

大半の人はサムイ空港に到着すると思うので、空港から近い方を使っておけば問題ないでしょう。

バンコク→サムイ島へ移動するルートを2つ紹介します


ルートが2つあります。それぞれのメリット、デメリットを含め解説していきます。

  • ルート①:バンコク→スラタニ→サムイ島
    ※飛行機+船:Airasiaのパッケージツアー利用します
  • ルート②:バンコク→サムイ島
    ※飛行機:バンコクエアウェイズ利用します

手っ取り早いのはルート②です。少し高くてもいいから、時間を節約しつつ、楽に移動したい方にオススメ。

時間にゆとりがあって、節約したい人はルート①がオススメです。ここからは、ルート①の解説をします。

ルート①の詳細:Airasiaのパッケージツアー


バンコクからスラタニという場所まで飛行機に乗ります。その後にバスで移動して、スラタニからサムイ島までは船での移動になります。

1番厄介な点は、スラタニからサムイ島までの船移動です。このルートでサムイ島に到着すると、下記の地図でいう紫色のピンの位置に到着します。

この地点をサムイ島のリパノイ埠頭と呼ぶみたいですが、パンガン行きの船乗り場までが遠い…。僕が行ったときはバスの相乗りで200バーツ(約600円)でしたが、乗り合いバスなので時間を浪費しました。

とはいえ、安かったので満足はしています笑。

以上がバンコクからパンガン島への行き方でした。これからパンガン島へ行く方の参考になれば幸いです。
» 関連記事:パンガン島のフルムーンパーティに参戦した【行き方・場所・注意点】

人気記事:映画を使って楽しく英語学習しましょう。

» 英語学習におすすめの映画10選|勉強法もあわせて解説