Written by Manabu Bannai

【バリ島】アヤナリゾートの口コミ・レビュー【結論:満足です】

TRAVEL

アヤナホテルへの宿泊を考えている人「アヤナリゾート バリの口コミが気になる。贅沢なバリ島旅行をしたいので、アヤナリゾートを検討しています。 しかし、高いお金を払って、もし微妙だったら萎えるので、、、宿泊体験者の口コミを聞きたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 【バリ島】アヤナリゾートの口コミ・レビュー【結論:満足です】
  • アヤナリゾートに宿泊する前に知っておくべきこと【3つある】

この記事を書いている僕は、バリ島旅行を3回ほど経験済み。
過去のバリ島渡航では「1,000円、5,000円、8,000円」のホテルに宿泊経験済みです。そして、今回は「1泊40,000円」のアヤナホテルに泊まってきました。

なお、高級ホテルの宿泊経験はわりと豊富で「バンコクで1泊7万、東京で1泊6万、カンボジアで1泊3万円、香港で1泊3万円」というホテルも経験しています。

なので、多少は「正確なレビューができるのでは」と思っています。

スポンサードサーチ


【バリ島】アヤナリゾートの口コミ・レビュー【結論:満足です】


結論からいうと、満足です。

アヤナリゾートの部屋情報(3種類あります)

僕は「アヤナリゾート スパ バリ」に泊まりました。
記事で詳細にレビューしていきます。

高級ホテルなので、民度が高い

結論としては、民度の高さが、高評価の理由です。

アヤナホテルの前には、バリ島で1泊4,000円のホテルに泊まっていたのですが、、、他の客の民度が低く、ちょい微妙でした。 具体的には「酒を飲んで騒いでいる客」とか「接客が適当」とかですね。

高級ホテルの良いところは「施設の綺麗さ」と思われがちですが、僕が思うに「上質な空間」だと思っています。

そのためには、そこにいる人の「質」が大切かなと思っており、、ちょっと差別的に聞こえたらスイマセン。しかし、わりと事実だと思っています。

部屋の様子を動画撮影しました

宿泊した際に「部屋の動画」を撮影してきました。こちらを見ると、雰囲気が伝わると思います。

こちらは「オーシャンビューの部屋」を予約しています。

なお、ちょっと残念な点としては「海が若干、遠い」ということです。

以前にセブ島でシャングリラに宿泊したのですが、その時は「寝ているときに、波の音が聞こえる」という控えめに言って最高の環境だったのですが、アヤナホテルでは、波の音は聞こえませんでした。

プールも、かなりいい感じです

プールもめちゃくちゃ綺麗です。海と繋がっており、最高にリラックスできますね。
下記に動画を貼ります。

スイマセン、、、男がプールに入っている動画なんて需要ないのはわかっていますが、雰囲気を伝えたかったので撮影しました。

あと、リアル感を出すために自撮り風にしており、本当にスイマセン…。

ディナーも、とても素晴らしい

ディナーではステーキをいただきました。その他にも「日本食、タイ料理、イタリアン」などがあります。

基本的にお値段は高めですが、外に出るのはメンドイので、ホテル内で済ませたほうが良いです。

夕飯の様子は伝わると思います。普通にうまいですね。
なお、バリ島は基本的に「飯がまずい」のですが、ホテル内の食事はすべて上質でした。

ロックバーも、悪くないです

もしかすると「アヤナリゾート」よりも「ロックバー」の方が有名かもです。僕も行ってきました。

結論としては「悪くないけど、最高に満足ではない」ですね。

ここを解説すると長くなるので、別記事を用意しました。下記よりどうぞ。

結論:ホテルから出ないようにしよう

快適にバリ島旅行を楽しむには「アヤナホテルから出ない」という選択がベストです。

外に出ると、接客が低下しますし、虫も多いですし、飯もあまり美味しくないからです。

ちなみに虫に関して補足すると、アヤナリゾート内だと、定期的に殺菌が行われており、ホテル内だと蚊に刺されませんでした。

しかし、ホテルから出たら蚊に刺されまして、バリ島の蚊は赤みが引かないので、辛かったです。

アヤナリゾートに宿泊する前に知っておくべきこと【3つある】


下記のとおりです。

  • その①:空港からは「GrabTaxi」を使うと良い
  • その②:日焼け止めは、日本から持ち込むべき
  • その③:ロックバーの仕組みを事前把握すべき

それぞれ詳しく解説していきます。

その①:空港からは「GrabTaxi」を使うと良い

アヤナリゾートで空港送迎を依頼することもできますが、お値段は「約3,000円」ほどかかります。

別に支払ってもいいなら問題ないですが、、ぶっちゃけ「GrabTaxi」の方が安いです。
使い方は下記で解説しています。

人によっては「メンドイな…」と思うかもですが、実際にホテルに行ってみると、みなさん帰宅するときに「タクシー待ちで長蛇の列」を作っていました。

しかし、僕はGrabTaxiを使い、並ばずに乗れたので、新しいテクノロジーに感謝です。

その②:日焼け止めは、日本から持ち込むべき

バリ島は常に常夏なので、日差しが強いです。

ガッツリ日焼けしたいぜって場合は問題ないですが、日焼けを避けたいなら、日焼け止めは必須です。 日本とかで使い慣れてる日焼け止めを持っていくといいかなと思います。

選ぶのが面倒な人は、下記をどうぞ

ちなみに、アヤナリゾート内でも日焼け止めが売っていますが、、、かなりベタつく日焼け止めなので、快適にホテル滞在したいなら、日本の日焼け止めを使った方がいいかなと思います。

その③:ロックバーの仕組みを事前把握すべき

先ほどにロックバーの解説をしましたが、重要なので再度掲載します。
簡単に概要だけ記載すると、下記のとおり。

  • ロックバーで最高の席は、ヴィラの宿泊客のみ利用可能
  • アヤナリゾートに宿泊していれば、席案内が優先される
  • ロックバーを楽しみたいなら、オープン時間に行くと良い

超ざっくりですが、上記のとおりです。
ヴィラ宿泊しているなら、ホテル予約したタイミングで「ロックバーの予約」もするといいですね。

ヴィラ以外の部屋だとロックバーの予約が不可なので、ロックバーのオープン時間に行きましょう、という感じです。 詳しくは下記の記事からどうぞ。
» 【体験談】バリ島にある「ロックバー」に行ってきた【辛口な感想】

というわけで、今回は以上となります。

アヤナリゾートはバリ島内で考えたら「最上級のホテル」だと思いますので、宿泊して損はないと思います。快適なバリ島旅行をお楽しみください。

人気記事海外旅行でおすすめのクレジットカードは全て。