Written by Manabu Bannai

音声コンテンツの将来性とは【結論:伸びる/僕が始めた理由&分析】

MARKETING

こんにちは、マナブです。

ブログとYouTubeで、年間1億ほど稼いでいます。
将来性を感じたので、最近は音声メディアを始めました。

さて、先日に下記のツイートをしました。

僕が音声メディアを始める理由😌

・理由①: 自分がユーザーである
・理由②: AirPodsの威力が強い
・理由③: YouTubeの衰退を意識

このあたりですね。というわけで、これは音声メディアで解説しようと思います。Stand.fmでレターも募集してますので、お気軽にどうぞ

音声メディアの将来性を考察します。
波乗りして稼ぐ方法にも、言及します。

音声コンテンツの将来性とは【伸びる】


結論は「確実に伸びる」と思っています。

僕も利用者です

まず「僕が音声メディアを始める理由」について、サラッと解説します。
ツイートのとおりですが、まず第一に、僕がユーザーです。

普段から、SpotifyやVoicyにて、音声配信を聞いています。
移動中や筋トレ中に聴けるので、超便利ですよね。

あとAirPodsの発展により、生活に音楽が浸透したと思っています。

そして最後に、YouTubeの衰退です。

衰退というより、バズが終了したのかな、と思っているので、音声に手を出した感じです。

なお、ここについて詳しくは「マナブの引きこもりラジオ」にて配信しています。

市場についても分析する

結論は、下記のとおり。

上記のとおりで、大きく伸びてますよね。
あくまで予測データですが、僕もこんな感じになると思っています。

そして着眼点は「前年比」の部分です。

このデータをみるに、たぶん「2020年 or 2021年」での参入だと、場合によっては「大きな波乗り」になることが分かります。

とはいえ、、、未来は誰も分かりません。僕は動きつつ、考えます。

どのサービスが勝つのか

ここも、とても難しいですね。

音声メディアのまとめ

  • Apple Podcasts
  • Google ポッドキャスト
  • Spotify
  • Voicy
  • ヒマラヤ
  • ラジオトーク
  • stand.fm
  • Spoonラジオ

有名どころは、このあたりです。
そして、ぶっちゃけ、、、どこが勝つかは不明ですね。

僕は「stand.fm」を使っていますが、理由は「洗練されたデザイン&限定配信ができる」といった機能があるからです。

特に「デザイン性」ってかなり重要だと思っており、stand.fmは「すこし重い」という欠点はありますが、わりと良さげかなと思っています。

あと、創業者が「元Meryのファウンダー」ということもあり、要するに「Webマーケの天才」です。

日本市場だと、stand.fmは強い気もしています。

補足:アメリカには「Clubhouse」がある

そもそも論として、僕が音声メディアに興味を持ったのは、アメリカの「Clubhouse」がキッカケです。

詳しくは上記を見て欲しいのですが、要するに「音声版のTwitter兼、Snapchat」という感じですかね。

音声でコラボ配信できて、そして音声が消えていく、、という感じ。
この会社が猛烈にバズっており(=資金調達しており)、かなり驚きました。

僕は使ったことがないですが、可能性を感じています。
なお、stand.fmは、このサービスを意識していますね。

音声コンテンツで、波乗りして稼ぐ方法


結論は「早めに市場調査しましょう」です。

やってみないと、分からない

僕は2018年からYouTubeを始めました。
ありがたいことに、約2年で「チャンネル登録40万人」を超えています。

そして、僕がYouTubeを始めた頃は「ビジネス系YouTuberがスゴイ」といった感じで、各所で話題になっていました。

専門家()の分析は、間違いだらけ

YouTubeにせよ、あとはブログ業界でもそうなのですが、なにか新しいサービスが伸びたりすると、それを解説する人が出てきます。

ビジネス系YouTuberを解説する人も、たくさんいました。

しかし常に思うことは「あれ、、この人は、なにも本質が見えていないな」ということ。

ちょっと上から目線でスイマセン。
でも、重要です。

やってみると、多くに気づく

例えばですが、僕は1日前から「stand.fm」を始めました。
そして、下記に気づきました。

  • 配信者を大切にしている
  • 運営はライブを伸ばしたい
  • 利用者は、かなり少ない

上記のとおり。
たった1日で、こういった気付きです。

これを100日続けたら、どうなりますか?
恐ろしいほどに、深い考察になります。

しかし、ニュースとかで「トレンド解説する専門家」とかは、その大半が「実際にはやっていない人」です。

YouTubeをやっていないのに、YouTubeを解説している感じですね。
それじゃあ、的外れになります。

やりつつ、チャンスを探そう

例えばstand.fmを例にすると、面白い人がいました。
それは「子ども向けに、英語の絵本の読み聞かせをするチャンネル」です。

これとかも、かなりいいですよね。

読み聞かせ系だと、何度も再生される可能性があり、かつ英語音声を聞く人は、所得が高い可能性もあります。

つまり「再生回数を増やしやすい&広告単価も上がりやすい」ということ。
こういった気付きは、毎日アプリを触り、そこにいる人を観察することで見えてきます。

僕自身も、まだ「どうやって配信しようかな…」と考えている段階です。
しかし最重要は、まずやってみて、検証することです。

早い段階で、専門家を名乗ろう

最後にテクニック論です。

現状の音声メディアだと、競合はかなり少ないです。
なので、早めに「ポジション獲得」をするのもありですね。

例えば「マーケティング専門家」とか、もしくは「ダイエット専門家」とかですかね。
自分の知識がある領域にて、思い切って「専門家」を名乗るのも、良い戦略だと思います。

ユーザー数の少ないプラットフォームでは、配信のクオリティが低かったとしても、受け入れてもらえる可能性が高いです。

逆にいうと、YouTubeとかだと、現状は「コンテンツの難易度が上がりすぎ」な状態でもあるので、だからこそ「音声メディアのチャンス」とかも生まれると思っています。

というわけで、今回はこれくらいにします。
もしよかったら、僕のラジオも是非どうぞ。
» マナブの引きこもりラジオ/stand.fm

P.S:普段の僕は「Twitter」を軸に発信しています。また最近は「Webマーケ教材」の作成に注力しており、ネットで稼ぐスキルを学べます。ブログの更新通知は「メルマガ」から送っています。スパムは送りません。更新通知だけ送ります。