Written by Manabu Bannai

【動画あり】エアアジアのフラットベッドに乗ってみた【レビュー】

TRAVEL

エアアジアのフラットベッドを選ぼうか迷っている人「エアアジアのフラットベッドが気になるな…。最近はちょっとお金の余裕も出てきたし、ちょっと試してみたい。しかし、お金を損するのは嫌なので、事前にレビューを読んでおこう。経験者の感想を聞いてみたいです。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • エアアジアのフラットベッドに乗ってみた【レビュー】
  • エアアジアのフラットベッドと一緒に知っておくべきこと

この記事を書いている僕は、数え切れないほどにエアアジアを利用してきました。

そして最近は「フラットベッド」を2回ほど試しており、かなり心地良かったので、ブログにて情報共有します。

スポンサードサーチ


エアアジアのフラットベッドに乗ってみた【レビュー】


結論、満足です。

わかりやすさのために、動画を撮りました

百聞は一見にしかずなので、下記動画をどうぞ。

動画レビュー(1分30秒でまとめました)

上記のとおり。
結論として「かなり十分なのでは…」という感想です。

大きなメリットは下記2つです。

  • メリット①:席が快適 
  • メリット②:チェックインが早い

ちょっと順番にみていきます。

メリット①:席が快適

動画でお見せしたとおりですが、かなり広々としています。
細かいメリットも記載すると、下記のとおり。

  • 水が無料 
  • マクラあり
  • 毛布もあり 
  • 読書灯あり 
  • コンセント付き 
  • 優先搭乗/降機

上記のあたりですね。

なお、下記に別会社との料金比較も掲載しておきます。

航空券費用の比較(日本→タイの場合)

  • エアアジア:13,000円
  • JAL:56,000円 
  • ANA:62,000円 
  • エアアジア フラット:63,000円

僕が検索したところ、上記のとおりでした。
要するに「JALやANAの通常価格を払うだけで、超快適な席を確保できる」ということです。

選ぶのは人それぞれですが、僕は「JALやANAよりも、エアアジアのフラットベッドの方がコスパ良い」と思います。

メリット②:チェックインが早い

こちらも動画で撮影したとおりですが、フラットベッド専用レーンがあります。

これは格安航空のあるあるネタなのですが、、、チェックインがダルい。
かなり混んでいる場合が多く、平均して30分くらいは並んだりします。

しかしフラットベッドにしておけば、5分以内とかでチェックインできますので、圧倒的に快適ですね。

補足:荷物は40kgまでOKです

補足として、フラットベッドだと「荷物が40kgまでOK」という特典です。

僕はそこまで荷物が多い方じゃないですが、仮に「格安シートを選び、荷物増量」とかをすると、追加で1万とかかかりますので、人によってはありがたい特典ですね。

結論:移動が3時間を超えるなら、ありだと思う

というわけで、フラットベッドに関して「僕は、とても満足」です。
理由は下記ですね。

  • ゆっくり寝れるので、疲れにくい
  • 質の悪い客が少なく、とても快適

疲れづらいことは言うまでもないですが、客の質が高い点も良いです。

というのも、一般シートだと、意味不明に文句を垂れ流す客とかもいて、たまにダルかったりしますので、フラットベッドだと、そういった客はいませんでした。

なお、フラットベッドはちょっと高いな、、、と感じる人は「一般席のクワイエットゾーン」を選ぶといいですよ。

追加800円くらいで選べると思いますが、ちょっと席をアップグレードするだけで、客層が良くなりますので。

補足:フラットベッドで席の選び方

僕は最前列のフラットベッドを予約してみたのですが、、、結論として「ちょい微妙」でした。

というのも、CAが移動する際に「CA室の電気が漏れてきて、目がチカチカする」という状況だったからです。

フラットベッドを選ぶなら、最前列以外がいいと思います。

エアアジアのフラットベッドと一緒に知っておくべきこと


関連知識をまとめておきます。

  • その①:航空券の検索は、スカイスキャナー
  • その②:格安航空スクートの、ビズ席もある
  • その③:飛行機に乗るなら必ず耳栓を買おう

サクッと見ていきましょう。

その①:航空券の検索は、スカイスキャナー

これは言うまでもないですかね…。
航空券の検索には、スカイスキャナーがオススメです。

なお、1つだけ注意点があり、それは「予約自体は、公式サイトが良い」ということです。
要するに、下記の手順です。

  • 手順①:最適な航空券をスカイスキャナーで探す
  • 手順②:最適な航空券を見つけ、航空会社をメモる
  • 手順③:航空会社の公式サイトに行き、予約する

上記のとおり。
スカイスキャナーから予約もできるのですが、予約サイトによっては手数料が多めにかかったりしますので、基本的には「公式サイトからの予約」がオススメです。

その②:格安航空スクートの、ビズ席もある

エアアジアは東南アジアに強いですが、その競合に「スクート」という会社があります。
スクートも格安航空なのですが、エアアジアと同様に「ちょっと価格の高い席」を用意しています。

名称は「スクートビズ」という席で、下記のとおり。

引用:flyscoot.com

スイマセン、ここに関して、僕は乗ったことがないので公式から画像を借りていますが、雰囲気としては「フラットベッドよりも、ちょっとショボいくらい」かなと思います。

そしてお値段に関しても、基本的には「エアアジアのフラットベッドよりも安い」という価格設定です。

フラットベッドが高いな、、と感じる人は、スクートビズを検討してみるのも、ありかもですね。

その③:飛行機に乗るなら必ず耳栓を買おう

これはかなり余談ですが、、、飛行機に乗っていると「イビキがうるさい人」がたまにいます。
あとは、子どもの鳴き声もシンドイですね。

なので、飛行機移動の多い僕は「MOLDEX」というメーカーの耳栓を愛用しています。

遮音性が最高レベルに高く、飛行機内で快適に眠れるようになります。
フラットベッドと耳栓をしたら、快適度が爆上がりですね。

というわけで、今回はこれくらいにしようと思います。
快適かつ、コスパ良い空の旅を楽しみたいなら、フラットベッドという選択肢も検討してみてください😌

人気記事海外旅行でおすすめのクレジットカードは全て。