Written by Manabu Bannai

【悪用厳禁】アフィリエイトに効果絶大なセールスライティング【学習法】

Affiliate MARKETING

セールスライティングで収入UPしたい人「アフィリエイトの為にセールスライティングを学びたい。セールスライティングを学ぶと収入アップに直結するようだけど、本当なのかか?本当であれば具体的な方法も知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • アフィリエイト収入とセールスライティングが密接に関係する理由
  • セールスライティングで競合サイトと差別化する方法
  • アフィリエイトに効果的なセールスライティングを学ぶ方法

現在のぼくはアフィリエイトで稼ぎつつバンコクで生活しています。
なお、収入源はアフィリエイトだけじゃなく、アフィリエイトで培ったSEOやWebマーケティングスキルで企業向けにコンサル業もしています。


こんな感じで収入発生しまして、クリック数が少ないのに成約率が高い理由は”適切なセールスライティングが出来ているから”です。ASPは10種類くらい使っており、各サイトからポツポツ発生する日々を過ごしています。

というわけで、こういった背景から分かったノウハウを共有しますね。
※ASPに登録していない or ASPがわからない方は【収益UP】おすすめなアフィリエイトサイト9選【裏ワザあり】からご覧ください。

スポンサードサーチ


アフィリエイト収入とセールスライティングが密接に関係する理由


セールスライティングの価値を理解するには、ASP型アフィをアドセンス型アフィを知る必要があります。

ASP型アフィとアドセンス型アフィとは?

種類 収益発生の条件 収益額 難易度
ASPアフィ 商品購入 大きい 高い
アドセンス型アフィ 広告クリック 小さい 低い

完全初心者はアドセンス型のアフィリエイトから取り組むのがオススメですが、アフィリエイト収益を二次曲線的に伸ばすにはASPアフィが必須です。

アフィリエイト収益を二次曲線的に伸ばす為のスキル、それがセールスライティングです。


アドセンス型のアフィリエイトはPVと収益が比例します。
その一歩でASPアフィはテクニック次第で、ぐいっと収益アップできます。

アドセンス型アフィの収益目安

月間10,000PV 2,000円〜5,000円
月間50,000PV 10,000円〜25,000円
月間100,000PV 20,000円〜50,000円
月間200,000PV 40,000円〜100,000円
月間300,000PV 60,000円〜150,000円
月間500,000PV 100,000円〜250,000円
月間1,000,000PV 200,000円〜500,000円

上記のとおり。
でも、セールスライティングを駆使するASPアフィなら、PV単位の収益が瀑増します。

僕が運営するe-Lifeという英語学習サイトは月間5万PVほどですが、収益は月10万円以上。アドセンス型アフィだと、1pv=0.2~0.5円に対し、ASPアフィなら1PV=2円以上も可能です。

僕が運営するサイトは基本的にはASPアフィ狙いです。

セールスライティングで競合サイトと差別化する方法


ASPアフィに必須なセールスライティングは、収益化に便利なだけじゃないです。
競合との差別化にも有効な手段です。

アフィリエイトの王道は”ランキングとまとめ” ←有効だけど競合が多い

アフィリエイトの王道コンテンツは”おすすめなダイエットサプリランキング”や”おすすめな脱毛剤5選”といった記事です。たしかにランキング記事やまとめ記事は、初心者でも簡単に作れて収益性も高いのですが、、、競合が多い。

例えば僕が運営する世界へじゃんぷというサイトは、アフィリエイトで王道のまとめ記事を量産しています。月間20万PVくらいですが、こういったサイトを作る難易度は低めです。なぜなら、”競合サイトより多く”まとめれば良いから。数の暴力で勝てる戦法です。
» 世界へじゃんぷ – 英語力をぐいっと伸ばすための情報まとめ

ランキングやまとめはコンテンツ飽和しつつある

ランキングやまとめは儲かりやすいので、数多くの人が記事作成します。

検索キーワード:[アニメ おすすめ]はカオスである


コンテンツSEOツール ezorisu-seo.jpで調査しました。

[アニメ おすすめ]で上位表示すれば、月20万ほど儲かりそうですが、上位の文字数がカオスすぎる。ぶっちゃけ読者の利便性を無視しているような気がします。
» 参考:長文SEOは1記事で20万円稼げる【SEO対策と文字数を考察した】

[アニメ おすすめ]のキーワードで戦うなら、切り口を変えるべき。

おすすめアニメをひたすらまとめる記事だと、競合との差別化が難しい。
それよりは、”あなたにあったおすすめアニメの探し方”とか、”おすすめアニメも無料で無限に見る方法”みたいな記事を書いたほうがいいと思います。

仮に”あなたにあったおすすめアニメの探し方”といった記事を書くにしても、最終的な到達地点は”商品購入”です。セールスライティングを使うことで、競合と別の切り口から読者誘導し、最終的には商品購入に結びつけることができます。

  • 通常のライティング:おすすめアニメ10選→アニメ購入する
  • 切り口を変えたセールスライティング:おすすめアニメの探し方→読者がアニメの探し方を理解する→アニメ購入する

セールスライティングのポイント

切り口を変えつつもゴールは同じ。

なんとも虚しい結論ですが、切り口が違っていても最終的には商品購入に行き着きます。営業トークとも似ており、出来る営業マンって相手の不満を聞き出しつつも、最終的なゴールに向けてアシストしていたりします。

営業トークのライティング版が”セールスライティング”かもしれないですね。

アフィリエイトに効果的なセールスライティングを学ぶ方法


セールスライティングのメリットが存分にわかった所で、学習方法に進みます。

セールスライティングの学習プロセス

知識をインプット → 継続的なアウトプット

ぶっちゃけセールスライティング以外でも当てはまるのですが、この流れが王道です。

知識と経験はセットでスキルになります。

本を読むだけじゃダメ。 文章を書くだけじゃダメ。 
本を読みつつも文章を書く。これを繰り返しましょう。

収益は”思いもよらぬリンク”から発生します

セールスライティングを意識してアフィリエイト記事を書いていると分かりますが、収益は思いもよらずリンクから発生します。

よくある例で、ブロガーがデカデカと緑色のボタンを設置している場合がありますが、ぶっちゃけあれはヨクナイ。目立つボタンじゃないと気づかれない時点で、文章がほぼ読まれていないことを意味します。

とりあえずアフィリエイトリンクを踏んでもらうのではなく、読者がリンクを欲したタイミングで設置するのが吉です。その場合においては、デカデカとした緑色のボタンは不要でして、シンプルなテキストリンクで十分です。

知識のインプットにおすすめな本7冊

アフィリエイトで稼ぐために僕が読み漁った本をまとめます。

セールスライティング・ハンドブック

広告の本質を学べる本。

広告は娯楽のために書かれるものではない。
売ることが正義である。

これが僕のお気に入りフレーズですが、広告及び、セールスライティングの基礎から実例を学べます。繰り返し読む価値のある必読書です。

稼ぐサイトの設計図

アフィリエイト界隈で有名なEnjiさんの”売るための記事”構築マニュアル。
実例付きで”売る文章の秘訣”が書かれています。

お値段21,800円と高めですが、僕は楽勝で費用回収できたかなと思います。
”何が良いか”よりも、”何が悪いか”の重要性や、売るために”比較”をする重要性を学べます。

※情報商材っぽくて怪しいと思った方へ
怪しいと感じるのは人それぞれですが、ポイントは”費用対効果があるかどうか”の一点です。稼ぐサイトの設計図は購入価値がありますし、もっというと僕はこういった商材を買いまくっています。

セールスライティングとは少しずれますが、アフィリエイトで年収9,000万くらい稼ぐクロネコ屋さんのクロネコ屋の初心者向けアフィリエイト講座@副業で月3万円コース(1,200円)とか、ブロガー界トッププレイヤーであるイケハヤさんの雑記ブログ・アフィリエイト論 〜 月商500万を稼いだリアルな方法と考え方。(9,800円)もポチっています。

高い商材や本を購入する理由はシンプルで、”費用対効果が合う”からです。

人を操る禁断の文章術

売るための文章の定番書籍。
アフィリエイトで稼ぐ人は全員読んでるんじゃないかと思います。

アフィリエイトとセールスライティングろ心理学は密接に関係しています。
メンタリストDaigoから、人を動かす(つまり購入にむ結びつく)ライディングを学びましょう。

武器としての書く技術

ブロガー界トップであるイケハヤさんの書籍。
ちょっと古い(2013年発売)ですが、書籍内ノウハウの価値は今だに顕在です。

企業がブログやコンテンツマーケティングを失敗する理由は、炎上や批判を過度に恐れるから。しかし、今の時代でそれを恐れていたら、まじで何も出来ないですね…。

10倍売れるWebコピーライティング

SEO界隈で有名サイト”バズ部”の書籍です。
セールスライティングというより、LPのコピーライティング書籍ですが(似ているようでちょっと違う)、学べることが多いです。

例えば、アフィリエイターの重要タスクとして、商品LPの精査があります。というもの、せっかく記事を書いても、LPがしょぼかったら売れないですからね。

バズ部の本でLPの本質を学び、売れるLPを持つ商品を売りましょう。
要するに”売れるものが売れやすい”世の中なのですが、LPから売れるロジックを学べます。

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則/全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

セールスライティング(コピーライティング)のベストセラー書籍。
内容的に似通っていたりしますが、読んでおいて損しません。

とくに、全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術内に出てくる”怠け者がリッチになる方法”のライティング術は目からウロコですね…。セールスライティング基礎の”滑り台効果”や”ストーリーテリング”を学べます。

インプット用の書籍紹介は以上です。
本気で取り組めば書籍代の回収なんて余裕です。僕自身はここに掲載していない本も読み漁っていますが、アフィリエイト報酬を考えたら、費用対効果の良すぎる投資だったなと思っています。

継続的なアウトプットにおすすめな方法

続いてはインプットをセットで行うべきアウトプット方法の解説です。

継続的なアウトプット方法:ブログがベスト

ブログが最善の方法です。
この記事を読んでいる人はすでにブログを持っている想定ですが、まだ作っていない場合は【初心者向け】WordPressでアフィリエイトを始める方法【中学生OK】をご覧ください

今すぐブログを作って、本を読みつつ、記事を書く。
稼ぐには行動あるのみなので、ごりごり突き進みましょう。

なお、貯金がなかったりでどうしてもお金が欲しいなら、クラウドソーシング系サイトでライティング受注するのもあります。アフィリエイト系の記事案件に応募すれば、ノウハウを盗めるはずです。

まとめ:セールスライティングは”Webの黒魔術”である


記事内のポイントをまとめます。

  • セールスライティングが出来ると、アフィ収入が二次曲線的に伸びる。
  • セールスライティングは競合サイトとの差別化にも使える。
  • セールスライティングで切り口を変えつつ、最終的には広告リンクに読者誘導しましょう。
  • セールスライティングは”知識をインプット→継続的なアウトプット”で学べます。
  • 稼ぐためには行動あるのみ。本をポチりつつ、記事を書いて資金回収しましょう。

僕が思うことは”セールスライティングっは黒魔術である”ということ。
というのも、セールスライティングを使えば、”どんな商品でも売れてしまう”からです。

”出来る営業マンは石でも売れる”といいますが、セールスライティングを身に着けたアフィリエイターも同様です。

セールスライティングを悪用することはオススメしませんが、インターネット時代(つまりテキストコミュニケーションが主流の時代)にセールスライティング力を学ぶのは”コスパ良い投資”だと思います。

ぜひこれを機に、セールスライティング学習を始めてみてはいかがでしょうか?