Written by Manabu Bannai

アフィリエイトサイトのアクセス解析方法【収益アップの必須タスク】

スポンサー

アフィリサイトのアクセス解析について知りたい人「アフィリエイトに必要なアクセス解析方法を知りたい。とりあえずアフィリを頑張ってるけど、どのようにアクセス解析すべきだろう?あと、便利なツールとかもあるなら、使い方もセットにして教えてください。」

こういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • アフィリエイトサイトのアクセス解析方法とは【3つあります】
  • アフィリエイトのアクセス解析とセットでレポートも作成すべき

この記事を書いている僕は、アフィリエイト歴5年ほど。
現在は生活できるアフィリ収益が入ってくるので、自宅に引きこもって、毎日楽しく記事を書いております。

僕の周りにはアフィリで稼ぐ人が多いのですが、その条件の1つに「試行錯誤できているか」という点があります。ここでいう試行錯誤とは、かっこいい言葉でいうと「アクセス解析」となります。

というわけで今回は「アフィリエイター向けのアクセス解析方法」について解析します。

とりあえずアフィリ作業は続けているけど、、、果たして本当にこの方向性で合ってるのかな、と不安な方は、ぜひ記事をご覧ください。

※記事は3分くらいで読み終わります。深掘りした解説とかは、関連記事を貼っておきました。

スポンサードサーチ


アフィリエイトサイトのアクセス解析方法とは【3つあります】


次の3点が大切です。

  • その①:キーワード順位の確認
  • その②:収益が生まれた記事のチェック
  • その③:訪問者の伸び率チェック

上記のとおり。

なお、その②に関しては「アクセス解析」というより「収益の解析」かもですが、まぁ細かいことは気にしなくてOKです。要するにサイトが伸びれば良い訳なので、そこにフォーカスして解説します。

その①:キーワード順位の確認

キーワード順位は最重要ですね。
これをやらないなら、記事自体が無駄と呼べるレベル…。

具体的には「Rank Tracker」というツールがオススメなのですが、使い方はSEO検索順位チェックツールなら、 RankTrackerが神で解説しています。

また、キーワードを狙いつつ記事執筆する方法は、【初心者向け】ブログのアクセスアップでやることは『3つだけ』ですで解説しているので、ツール解説記事とセットでご覧ください。

その②:収益が生まれた記事のチェック

収益が生まれた記事は毎日チェックしましょう。

これは僕の日課でもあるのですが、全てのASPに毎日ログインします。
そして、「どこの記事から、どの商品が売れたのか」というのを毎日チェックしています。これを繰り返すと、インターネットでモノを売る感覚を鍛えることが出来ます。
» 参考:おすすめなアフィリエイトサイト9選【裏ワザあり】

なお、「ASPからは全然収益が出てませんよ・・・」という人はアドセンスの収益性を見ておきましょう。Googleアナリティクスから簡単に見れますので、ぜひどうぞ。
» Googleアドセンスとアナリティクスを連携する方法。収益分析などに。

データを見る際に大切な思考とは

情報をみたときに「なぜ?」と「じゃあ、どうすべきか?」を考えるべき。

例えばですが、Aという記事から収益が生まれているとして、なんで生まれているのか、そして、その事実を知った自分は、さらに収益を伸ばすために何をすべきなのか、を考えなくてはいけません。

このあたりは一見アフィリと関係ないのですが、チキリンの本がオススメです。書籍内で、「情報のなぜ」と「だからなんなの?」という話がでてきますので、そこをアフィリに置き換えましょう。

その③:訪問者の伸び率チェック

前提条件として、記事はちゃんと更新していることが必須です。
なお、データ解析においては「比較」が重要になります。

Googleアナリティクスでデータを比較する方法


例えばですが、「月3万PV」という数字自体に価値はなくて、「その数字を見つつ、先月と較べてどうなったのか?」を考えないといけません。

  • 数字が伸びてる場合:そのまま努力を続ければ良い
  • 数字が伸びていない場合:なにか問題があるので、改善策を考える

自慢乙って感じですが、僕の場合だと、毎月アクセスを見つつ「あぁ伸び続けているな」と感じたので、作業量をゴリっと増やしたところ、アフィリ収益も伸びまして、結果として7桁を越えました。

しかし、間違った方向の努力だと、、、それが空回りになってしまう場合がありますので。

とはいえ、「考えすぎて動けない」ってのが一番NGなので、まずは動きつつ、毎月1回はアクセス解析をしましょう、というお話しです。

アフィリエイトのアクセス解析とセットでレポートも作成すべき


アクセス解析をしつつ、レポートも作りましょう。

これを聞くと、「え? レポート? そんなの面倒じゃん…。」って思うかもですが、それじゃあ甘いです。

レポートを作ると「アフィリが仕事化」する

大切なことは、レポートを作ることで「アフィリに真剣になれる」ということです。

というのも、世の中の大半の人は「アフィリなんて副業だよね…」とか、「うまくいったらいいかなぁ」くらいに思っているはず。

しかし、レポートをつくることで、「アフィリの仕事感」がかなり高まりますので。結果として、アフィリは仕事化する、みたいな感じです。

結果を出す人はレポートを作っている

「アフィリの収益報告」みたいな記事を見たことがある人が多いと思いますが、共通していえることは「みなさんちゃんと振り返りをしている」ということです。

改善なくして上達なしといわれますが、アフィリでも同じでして、アクセス解析をしつつ、簡単にで良いのでレポートも作りましょう(`・ω・´)ゞ

僕が使っているレポートのテンプレを公開


» こちらからダウンロードできます
※データが入っていますがサンプルです。

といっても、、、とても簡素なものですが。
注目しているのは、下記の3つくらいでして、要点だけ抑えておけばOKです。

  • アクセスの伸び率
  • 収益の伸び率
  • PV単位の収益率

個人的に大切だと思うのが「PV単位の収益率」でして、上級者のアフィリエイターほど、「PV単位の収益率」が高いですね。

このサイト「manablog」を例にだすと、1PVあたり4円くらいが生まれています。
なので、100名が訪問したら400円でして、現在は毎月30万人くらいが訪問しています。その結果として、100万以上の収益が生まれる、という状況です。

「まじか、じゃあどうやったらPV単位の収益を伸ばせますか?」と聞かれそうですが、ここはサイトによりけりなので結構難しいのですが、1つの解決策として「セールスライティング」がありますね。

ここは中級者向けなので、収益が月3万円以下なら、あまり気にしなくて大丈夫です。月3万円を越えてるなら、下記のセールスライティング記事を熟読してください。きっと役立つはずです。
» 【悪用厳禁】アフィリエイトに効果絶大なセールスライティング【学習法】

まとめ:アフィリエイトで稼ぎたいなら、アクセス解析は必須です


記事のポイントをまとめます。

  • アフィリサイトのアクセス解析方法は3つあります。
  • ①キーワード順位チェック、②収益が生まれた記事チェック、③訪問者の伸び率チェック
  • アクセス解析してデータをみつつ、「なぜ?」と「じゃあ、どうすべきか?」を考えるべき
  • レポートも作るのもオススメで、レポートがあるとアフィリが仕事化し、本気度が増す
  • アフィリに唯一の正解はないので、試行錯誤しつつ改善しましょう

こんな感じです。

最後の部分の「アフィリに唯一の正解はないので、試行錯誤しつつ改善しましょう」というのは、ビジネス全般にも言えますね。

というのも、ビジネスで正解が分かっていたら、みんな必死で努力して、ひたすら収入を増やし続けますよね。

世の中には「誰でも簡単に副収入」みたいな話がありますが、99%嘘でしょう。仮に本当だとしたら、そんな情報を売るはずがないので。

「楽して稼ぐ」という幻想を追いかけるより、現実的なデータを直視すべきです。
すこし厳しく聞こえるかもですが、現実を見ない(=アクセスを見ない)で継続しても、それは遠回りになりますので。

というわけで今回は以上です。

最重要は「継続すること」だと思いますが、月1回くらいは「振り返りとしてのアクセス解析』という時間を作ってみてください。