Written by Manabu Bannai

【幸せ】月7万円で、生きていく方法【自給自足系YouTuberとは】

LIFE

こんにちは、マナブです。

生活費を下げ、心にゆとりを持って生きています。
バンコクの田舎暮らしでは、生活費が月5万円でした。

さて、先日に下記のツイートをしました。

ベーシックインカムが「月7万円」と言われたときに、一部の人は「そんな金じゃ生きれない」と反発しますが、そんなことないと思う。
すこしググれば、地方のシェアハウスや民泊が見つかります。家賃は1万くらいに落とせて、Wi-Fi付きもある。あとは自炊メインにしたら、月7万で、余裕&幸せだと思う😌

今回は「月7万円生活」を深堀りします。
人生は自由だし、いつでも変化できる話です。

月7万円で、生きていく方法


結論として「家賃を下げたら、余裕」と思います。

家賃8,000円の家が、こちら

ちょっと検索しました。

こちら大分県にある物件ですが、普通にキレイですよね。
こういった場所に住めば、人生は楽になりそうです。

もしくは、下記もあります。

こちらも大分県の物件です。
たまたま大分県が多かったですが、他にもたくさんあるはずです。


こちらは「家賃1万円の民家(岡山県)」です。
192坪とのことなので、かなり大きいですよね。

25メートルプールくらいの広さです。

人生に、あまりお金は要らない

多くの人は「もっと稼がないと」とか、もしくは「継続して働かないと」と考えていますが、そんなことないと思います。

例えばですが、田舎とかなら「0円の家」とかもある訳です。
0円で家を購入して、あとはバイトするなり、ちょっとネットから収入を作るなりしたら、すぐに人生は楽になります。

一方で、普通の人生を送ろうとすると、ハードだと思う。
都会に住んで、高い家賃を払い、給料の大半は固定費で消えていく…。

これで得するのは、不動産のオーナー、経営者、国くらいです。
要するに、お金持ちが、さらにお金持ちになる仕組みですよね。

そうじゃなく、そんな「普通の生き方」なんて捨てていいと思います。

月5万円生活で、気づいたこと

僕はバンコクの田舎にて、月5万円で生活していました。
当時は収入が高めで、月50万くらいでした。

当時の僕が思ったこと

生活費5万なので、月50万を稼いだら、10ヶ月はニートできるな。

上記のとおり。
こういった思考になると、人生が楽になりますよ。

そして結果として、楽しいことに注力するようになります。

僕の場合は「ブログ」でした。
生活費には困らないし、ブログをしっかり書くか、という感じ。

そんな気持ちでブログを書いていたら、ブログが伸びていき、収入がさらに伸びていきました。

いまとなっては、労働のための仕事は、完全にゼロです。
楽しいことをして、稼ぎ、生きるだけ。シンプルですね。

そして身の回りにも、こういった友人が増えました。
そして皆さんの共通点は、収入が高いこと。

要するに、お金から開放されると、さらに稼げるという感じです。

もっと休んでいいと思う

僕は23歳から、海外移住しました。
海外と日本において、働き方を比較してみて、思うことがあります。

「日本人は、みなさん真面目すぎ。休む人が少ない…」

上記です。
例えばですが、オランダ人の友達は、大学を休学し、ずっと遊んでいたりします。

タイ人の友達は、毎日ずっとゲームをしています。
フィリピン人の友達は、ずっと筋トレばかりしています。

こういった感じで、わりとフリーダムな人が多いです。
日本も、もっとそんな感じでいいと思うんですよね。

そのためにも、削れる場所は削り、固定観念は捨てて、ミニマムに生きるのもありだと思います。

なお、全員にこの価値観は強制しません。
とはいえ、人生は長いので、1回くらい試して実験するのも、ありです。

格安生活をしつつ、稼ぐアイデア


田舎に住もうと思っても、結局のところ「お金の心配が…」という方が多いはず。
なので、稼ぐアイデアもまとめておきます。

  • クラウドソーシング
  • 田舎暮らしを発信する
  • バンライフをして発信する
  • 田舎物件でスクールを開催
  • 自給自足して発信してみる

思いつきですが、上記のとおり。
順番に解説していきます。

クラウドソーシング

これは定番ですね。下記のとおり。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

こういったサイトで、小さな仕事をやってみる感じです。
ライティング系の仕事なら、難易度も高くないです。

田舎暮らしで生活費が7万なら、例えば「クラウドソーシングで3万、バイトで5万」とかを稼げば良さげですね。

田舎暮らしを発信する

基本的には「YouTubeでの発信」がいいと思います。
地方移住とかって、すこしずつトレンドになってますよね。

あと、Yahooとかは「社員は今後ずっと、リモートワークでいいよ」という方針に変えました。こうなってくると、IT系人材も地方に行きそうです。

このように「これから人が流れる」ということを予測しつつ、事前に情報を出してあげる感じですね。

もちろん試行錯誤は必須ですが、狙い目でもあります。

バンライフをして発信する

田舎暮らしをする際に、僕は「そもそも家を借りる必要あるのか」と思ったりもします。

借りてもいいですが、例えば「バンを借りてしまって、発信しつつ生活する」とかもありです。

YouTubeに関していうと、バン生活ってトレンドになっています。
バンを買ったら高いですが、レンタルで試しつつ、発信しつつ、検証するのもありですね。

田舎物件でスクールを開催

田舎のメリットは、土地が安いこと。
なので、都内とかのスクールに営業をかけて、田舎で「スクール開催」をしてもらうのは、どうでしょう。

プログラミングスクールとかでも、こういった例が増えつつあります。
借りてる家が広いなら、場所貸しとかでも稼げる可能性あり。

もしくは、地方で合宿イベントをする際の「物件まとめサイト」とかもありかもですね。

自給自足して発信してみる

ここに関しては、現在(2020年9月)だと競合ゼロのはず。
そして、僕はチャンスを感じます。

どこかの超田舎で、完全に「自給自足」の生活をします。
そして、それを発信しましょう。

作り込んだ動画を出すというよりも、日常を切り取っての発信でOKかなと。
もしくは、家にカメラを設置しておいて、ずっと生放送するなど。

僕が密かにチャンスを感じているのが、自給自足系YouTuberです。

最後に:あなたの人生は自由です

というわけで、今回は以上にします。

ここまでの話を「夢物語だな」と思いましたか?
いや、全くそんなことないですよ。

すべての人の人生は「完全に自由」です。
なので、この記事を読んで決断し、行動したら、そこから人生は変化します。

リスクもあるし、失敗するかもです。
とはいえ、失敗したら、もとの生活に戻せば良くないですかね。

現状の生活スタイルが「完全にベストだ」と考えるなら、そのままでいいかもです。

僕は、色々と変化してきました。変化した結果、いまの生活があります。
バンコクに住んでおり、恐ろしいほどに快適です。

人生を、自由に生きてみてください。
いつでも変われます😌