Written by Manabu Bannai

Manbu Bannai

Blog LIFE

そういえば、僕が「ブログを860日くらい毎日更新しました」と言うと、よく「凄いですね」と言われますが、、違和感を感じます。というのも、日本人の大半は、毎日通勤するじゃないですか。僕は通勤とかせずに、自宅で記事を書いてるだけですよ。というか、専業ブロガーとかなら、毎日更新は余裕です。

Manbu Bannai

LIFE Money

人生の楽しみたいなら、まずは「お金の心配を消すこと」が大切だと思う。 昔の僕は「月100万」を稼いでも不安でした。しかし、生活費を月5万円にしたら、驚くほどに不安が消えました。そして、お金の不安が消えると、不思議なことに収入が増える時代です。早めに社会のレールから降りた方がいいですよ。

Manbu Bannai

TRAVEL

バンビエンの観光情報を知りたい。今回が初めての渡航なので、定番の観光地を知っておきたいです。あと、おすすめの観光プランとかもあると、、嬉しいかな。さらにいうと、近くのホテル情報とかも知っておきたい。

Manbu Bannai

LIFE

これからの時代だと必然的に「幸せな生き方」とかの需要が高まるはず。今までの日本だと「会社=ファミリー」でしたが、そろそろ崩壊ですよね。未来の日本では、会社のことを「うち」と表現する人も減りそう。そして、労働時間は減り続けるので、暇な時間とかで「人生とは」という問いを考える感じ。

Manbu Bannai

LIFE

控えめにいって、現代の若者はラッキーだと思う。YouTubeとかTwitterをみたら、社会の「実情」が分かりますからね。例えば、会社員を頑張っても、わりと行き詰りそうな現実とか、頑張っても給料が増えない話とか。僕が学生の頃は、知らなかったです。ここに気づいた人は、自分で行動するだけですよね。

Manbu Bannai

TRAVEL

うーむ、、多分ですがラオスにて「10万円ほどの現金を盗難されたかも」です。自己責任なのですが、バス移動の際に「貴重品を社内に放置して、車外で休憩してたから」ですね。久しぶりの旅だったので、気が緩んでました。仕方なしですね。現金10万円とかだと、ラオス人の年収くらいなので、喜んでそう。

Manbu Bannai

LIFE

誰かを信じるのはいいですが、基本的な事実として、その人はあなたを救ってくれません。冷たく聞こえるかもですが、結局は他人です。会ったこともなければ、話したこともなく、ネットの投稿だけじゃ、表面しか分からないと思います。なので、僕のことも信じたりせず、有益な部分だけ盗んでください。

Manbu Bannai

LIFE

ラオスの安宿で20歳の大学生と会い、働き方の質問をしたら「早く稼いで、40歳くらいでセミリタイアしたい」との回答が来ました笑。最近の大学生は凄いですね。理由を聞くと「社会人はブラックな感じなので、希望が持てない」とのこと。年金もないですし、死ぬまで労働は辛いですよね。凄い時代です。

Manbu Bannai

LIFE

ラオスの田舎に来ています。地域名は「バンビエン 」という場所で、ラオス首都のビエンチャンから、バスで3時間半ほど。めちゃくちゃ田舎なのですが、6年前の僕はここに来て、人生を考え、そこで長期留学を決意し、そこから人生が変わりました。6年が経っても、相変わらずの田舎で、なにもなし。

Manbu Bannai

LIFE

世の中では「予定をど忘れする」という人種がいますが、それが僕です。打ち合わせ、アポ、歯医者の予約など、、マジで忘れます。そして、予定を忘れるたびに、激しく後悔し、かつ信頼を失います。そして、この病気に解決策はありませんので、予定のない人生を選びました。予定のある人生は無理でした。